バレーボール スパイク 打ち方

バレーボールのスパイクの打ち方の基礎




バレーボール スパイクの助走と打点の内容

スパイク, マスター
高さと強さの両立に着目する

開始から一撃するスパイクとクイックスパイクでは、助走や腕の振りはことなるものの、ジャンプ後の均整の持ち方や、ボディーの力を思い切りと使える格好分析は両方とも変わりません。

全身の行き来と腕の風の両面で、常に「高さ」「強さ」と言う良い質での両立を意識して練習に取り組もう。

ヒットツボ
腕を伸ばしすぎても、逆にヒジを曲げすぎてもスイングは軽く至る。スイングの力が最も強くなる自分なりのポジションを素早く見つけて、できるだけそのポイントで打つようにしましょう。

腕を斜め上に伸ばしややヒジを曲げた容姿が、スイング力が一番大きく至る平均的な身許。この容姿を微調整して自分なりの極上身許をつかみましょう。

肩の力を入れず右上60都度ぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる
肩に力を入れずに右手上60たびぐらいに自然に腕を伸ばし、わずかにヒジを曲げる。

ハンド・パームの位置は、肩の真上より少し前よりになる
手の平の位置は、肩の真上より少し前寄りになる。

ミートパート
手の平の指の付け根でボールのレギュラーをと場合えるように打つ。ここが最もボールに技術が入り、コントロールし易い部分です。

ミート肝
手のひらの上部、指の付け根でボールを打ちます。

助走
助走は踏み切りまでのフィナーレ3歩のタイミングが最も大切です。右で打つスパイカーなら「左、右手、左」の3歩になるのが、クイックスパイクの場合は踏み切りまでの早さが重要なので、「右手、左」の2歩で飛ぶことも多いです。

「3歩助走」保有スパイク

トスを見ながら左足から助走を初回する。
右足で2歩目。両手で大きく後に振るのは、踏み込みで冒頭への勢力を附けるためです。
3歩目で左足をかかとから横向きに踏み込んで、体の前への動きをとどまる。この時右足もつられて少し前に出るので、両足同時に踏み込むような連想を持ちます。
両足でフロアを著しく蹴って真上へ飛ぶ。


「2歩助走」クイックスパイク

ボールを見ながら、右足を一歩広く現す。
左足を横向きに踏み込み、共に右足もやや前に出して重心を控える。
両足で強く床を蹴って真上に飛ぶ。
勢いの付く助走のとり方

3歩助走は、1歩目は少なく、2歩目は少し激しく頻度に乗り、3歩目は著しくカカトから挑みます。助走のプログラムはホームページに対してまっすぐ交じるよりも、斜めに入るとより人気がつきます。

踏み込む時はバックスイングをすごくとり、腕の風としてカラダを引きあげる意識でジャンプしましょう。

のスキルをあげるコツ

コーンよりデコレーションを見廻る

ラリー中頃の助走動きを身に附けるには、ネットからまっすぐ下がったとあたりに唐黍を置き、唐黍より外部をまわって助走します。打つことよりも助走を凄まじくすることを意識し、一連の動きを繰り返しましょう。

ラリーインナーの助走のやり方

身に付く速習法

妨害打ちを連続してできるようにしましょう。

ウォール打ちは一人で見込めるスイングとミートのマスターです。ウォールにかけてボールをミートさせます。正確な配置でミートすれば床からウォールに当たったボールは、また打てる配置に戻ってきます。連続で打てるようにマスターしましょう。


外套の深層を狙う意識を身につけよう

エンドラインの1m上っ面にコースを出し、アウトになってもいいのでその余分を狙ってスパイクを打ちましょう。コートの裏を拾うスピリットが生まれることで、コースぎりぎりの目論見を打つことができるようになります。



短時間でスパイクが上達する方法

⇒  スパイク上達革命
   
〜ママさんバレープレーヤーと小・中学生のためのスパイク完了コース〜
   
【元全日本社長有名人アタッカー加藤陽一様製作】







 

サイトマップ